気象庁のホームページ・天気予報

多くの人が、テレビやインターネットで天気予報を確認しています。雨が降る時間帯を避けて外出したり洗濯物を干したり、雨具をあらかじめ用意しておいたりするためです。
そしてこれらの天気予報は、気象庁が公表した内容をもとに、わかりやすく紹介されています。したがって気象庁のホームページを見れば、より細かな天気予報を知ることができると言えます。地域ごとの天気予報はもちろん、この先1週間分の天気予報、さらには気象衛星による10分毎または2.5分毎の雲の動きまで確認できるのです。そのため、天候の詳細が気になるという人にとって、気象庁のホームページは非常に役立つと言えます。

さらに気象庁のホームページでは、各地で発表されている注意報や警報を確認することも可能となっています。たとえば強風や突風、大雨や洪水などです。住まいの地域の安全はもちろん、外出する場合は行き先の安全も分かるわけです。危険が迫っている場合には、これを見た上でいち早く非難したり、外出を控えたりすることができます。
もちろん地震が発生した際には、その震度や震源地などの詳細情報が、気象庁のホームページでは迅速に発表されます。また地殻変動における観測で、地震発生の可能性が高くなった場合にも、その情報が発表されます。これを見ておけば、地震発生前に安全な場所に移動することも可能となるのです。
加えて、過去の地震発生データも公開されています。地震活動が活発な地域をチェックしておくことで、やはり地震から身を守りやすくなります。

この他にも気象庁のホームページには、火山観測データや海面水温データ、異常気象や地球温暖化における解説など、様々なコンテンツがあります。しかも日本のデータだけでなく、世界規模でのデータが公開されているのです。そのため天候だけでなく、気象や環境について知ることを希望している人にも、気象庁のホームページは大いに役立ちます。
ワンクリックで全体を英語表記にすることもできるので、日本人はもちろん海外の人々からも、積極的に利用されています。