お悔やみの言葉

お悔やみの言葉を使わなければいけないことは人生の中でありますよね。そして、お通夜やお葬式に使う言葉は本当に難しいですね。間違っていってしまったらその場の空気が悪くなりますし、相手方に非常識と思われてしまいます。そこで、お悔やみの言葉で使ってはいけない言葉を紹介するので参考にしてくださいね。
まず、使ってはいけない言葉は重ね言葉です。例えばかえすがえすも、くれぐれも、しみじみ、いよいよ、まだまだ、しばしばなどがこれにあたります。このような重ね言葉は繰り返す事を意味するので言ってはいけない言葉になっています。他にも人の生死に関係する直接的な言葉も言ってはいけません。例えば死亡、死去、ご生存中、生きているなどです。他にも宗教違いで使えない言葉もあるので、それにも注意が必要です。例えばキリスト教や神道で使えない言葉とはご冥福、供養、成仏などです。お悔やみの言葉としてよく使う、「心よりご冥福をお祈りいたしまう」は使えないので注意が必要です。そして、キリスト教や神道の場合は「安らかな眠りをお祈りいたします」「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷様です」などを使うと良いので覚えておきましょう。
このように、お悔やみの言葉で言ってはいけない言葉があるので、マナーを知っておくといざお通夜や葬式に参加するときに恥をかかなくても良いので覚えておいてくださいね。