成田空港

成田空港は1978年に開港した国際空港で、現在97の航空会社が乗り入れている空港で就航都市は110に及びます。建設反対派の抵抗などがあり紆余曲折を経ての開港となりましたが、開港後は世界中の航空会社が乗り入れるハブ空港へと発展しました。

成田空港は現在日本航空や全日空、デルタ空港がハブ空港として利用しており、ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームの航空連合の飛行機に乗り継ぐことが魅力で、北米、アジア、ヨーロッパの各地に出かけるには日本で最も便利な空港となっています。またキャセイパシフィック航空が香港便をシンガポール航空がシンガポール便をたくさん運航しているため、ヨーロッパの各地やアフリカ、中東に行く時にも便利な空港と言えると思います。また成田空港は都心から約1時間以上かかるため羽田空港に比べると便利が悪いとよく言われますが、他の主要空港と比べてもそんなにアクセスが悪いという事はありません。

そして最近成田空港はLCCがたくさん乗り入れています。そのほとんどがアジアで、中国やマレーシア、タイ、シンガポールなどから多くの便が乗り入れていて、東日本地方におけるアジアからの玄関口となっており今後さらに奥のLCCが乗り入れるようです。