病院選びの重要性とセカンドオピニオンの有効活用

信頼できる病院を選ぶ
-正しい選択をする方法-

病院選びのポイント

治療方法は病型やステージによって決まります。病気の症状は患者さんによって違いますし、進行スピードも同ではありません。そのため、抗がん剤の治療はどの病院でも一緒とは限らないのです。治療中でも状態によって方針が変わることがあるので、慌てないためにも早急に対応できるかが大切になります。ある程度の実績をチェックして、信頼できる病院を選びましょう。

病院ごとに変わる副作用への対応

血液がんである悪性リンパ腫や白血病は、特定の場所ではなく全身に発生します。そのため、抗がん剤を用いた化学療法で治療が進みます。副作用が起こるケースは少なくないので、リアルタイムに対処できる病院選びが重要です。それには病院の実績だけではなく、経験値も非常に大切になります。治療の経験を調べるのは難しいですが、患者数を指標にするのもひとつの方法でしょう。

セカンドオピニオンという選択肢
-正しい選択をする方法-

納得のいく治療を受けるためには、セカンドオピニオンを利用しましょう。担当医師と考え方が違う場合や、疑問に思うことがある場合は、満足のいく治療を受けることはできません。担当医師とは別の医師へ意見を求めることで、解決策を見つけることができるでしょう。

準備するもの

女性アバター

セカンドオピニオンを受ける際に必要な資料って具体的にどのようなものがありますか?

医者アバター

セカンドオピニオンを利用するためには、担当医師からの紹介状と検査結果が必要になります。紹介状には、患者さんの状態や、これまでの治療の流れなどが記載されています。検査結果は血液検査や病理診断、CTやMRIなどの画像データとなります。セカンドオピニオンには費用が発生します。診察ではなく相談となるので、保険適用外の料金となります。

セカンドオピニオンのフロー

女性アバター

セカンドオピニオンを受けるまでの流れを教えてください。

医者アバター

まずはセカンドオピニオンを利用する医療機関を決める必要があります。その後にコンタクトを取り、必要な手続きを行なう流れとなります。最近は、がん治療に取り組んでいる病院が、セカンドオピニオン外来を設置することが増えています。がんの相談ができる支援センターが全国には存在しており、地域でセカンドオピニオン外来を行なっている専門機関を教えてもらうことができます。初めての人はわからないこともあるので、積極的に活用すると良いでしょう。

チェックリストを作成しておこう!

チェックリスト

セカンドオピニオンを聞くときは、あらかじめ知りたいことを整理するようにしましょう。何も準備しないままだと本当に質問したいことを忘れてしまう可能性がありますし、後から後悔してしまいます。チェックリストを作成したり、メモにまとめたり、事前に質問内容を準備しましょう。

子どものことを考えた療養対策
-正しい選択をする方法-

療養中の学習環境

親にとって子どもの療養中の心配事は尽きないものです。特に学校に行くことができないので、勉強について不安を抱えている人も多いでしょう。最近は学習できる施設を院内に導入している病院も増えているので、学習環境が整っているところであればしっかり学ぶことができます。

院内学級の種類

小児ガンで入院となると、どうしても最優先事項は治療となってしまいます。治療に専念する必要はありますが、それ以外の時間も子どもにとっては大切になります。現在は院内学級を設けている病院があるので、その種類を見てみましょう。

入学中の学校に在籍したまま通える場合もありますが、転校手続きをして院内学級を管轄している学校に入学が必要となることもあります。また、病院によっては院内学級を併設していないところもありますし、短い期間の入院では利用できない可能性もあります。そのような場合は、教師が訪問学習をしたり、家族会や患者会が教育の取り組みをしたり、子どもの学習については様々な活動が行われています。

密なネットワークの構築

小児がんの療養期間中でも、勉強時間は子どもにとっての楽しみでもあります。入院生活が長くなると退屈になりますし、ストレスにもなるでしょう。また、治療を終えてスムーズに学校に復帰できるためにも、子どもの勉強時間を確保するのは大人の役割でもあります。そのためには、保護者だけではなく、病院や学校としっかり連携をとって、協力していくことが非常に重要な課題となります。例えば、学校と連携がとれる病院だったり、クラスメイトとのつながりを維持できる先生だったり、周りと話し合いの場を設けることで信頼できるネットワークを築くことができます。協力し合える関係を作ることで、保護者としても安心した毎日を過ごせるでしょう。

ネット学習システム「ネットでeクラス」

PC操作する男の子

病気で入院している子どもの中には、勉強時間が空白になってしまうことがあります。特別支援学校や、院内学級を設けていない病院の場合は、療養期間中に勉強することができません。そこで最近注目されているシステムがeクラスです。インターネットの環境があれば、どこにいても勉強に参加できるサービスとなっています。マンツーマンでの授業ができる個別学習や、9人が同時に参加するホームルームなどがあります。しっかりと研修を受けた講師による授業なので、安心して利用できるでしょう。

子 どものことを考えて~ソーシャルワーカーのサポート~

小児ガンの治療が受けられるほとんどの病院や、専門機関にはソーシャルワーカーが在籍しています。入院期間中は子どもだけではなく、両親も精神状態が不安定になります。悩みを相談したり、保険や入院費についてアドバイスを求めたり、ソーシャルワーカーは様々なサポートをしてくれます。

ソーシャルワーカーの主な仕事

看護師と子供

ソーシャルワーカーにはいろいろな仕事があります。入院中の子どものケアはもちろんのこと、家族の精神的な不安を和らげることができます。入院にはお金がかかるので、費用が高額になることもあるでしょう。経済的な心配を軽くするために、支援サービスを紹介してもらうことができたり、病院での生活環境を整えたり、こころ強い味方になってくれるでしょう。通常は担当医師や、看護師などと連携をとりながら、ひとつのチームとしてソーシャルワーカーは動いています。