一覧

au

auは今や日本で第二の加入者を誇る携帯通信事業者です。その歴史を振り返ってみるともともとは京セラの創業者である稲盛和夫氏が設立した第二電電からスタートします。
今では通信事業者はNTTグループとKDDIグループ、そしてソフトバンクグループが日本を指導していると言っても過言ではありません。そしてそれぞれのグループに収益のドル箱となる携帯通信事業がありKDDIグループを担うのがauになっています。
NTTグループに比べて固定通信と移動体通信の垣根に対して政府からの制約も少なくいち早くフィックスドモバイルコンバージェンスを推進した事業者でもあります。要するに移動体通信とテレビサービス、固定電話サービス、インターネットサービスを融合したサービス提供を行ったわけです。
ここ最近では格安スマホ会社もKDDIグループ、いわゆるauグループの傘下にUQモバイルが入り、サービスの幅が広がっています。また、マーケティングの観点でもテレビシーエムで印象的な企画を作ったり、学割をどのキャリアよりも早く導入することによって革命を起こし続けている通信キャリアです。
日本の需要が頭打ちになる中これからの課題は海外でどのような展開を図っていくかと言うことに絞られてくるでしょう。